六月の法語 「田あれば田を憂い、宅あれば宅を憂う」

何かを手に入れれば、それが消えてしまわないか心配になる。多くの人が経験する心情ではないでしょうか。手に入れるということは、俗世間のなかではそれなりに価値あることですが、結局のところ、自分を苦しめる原因になるならば皮肉なことです。

 

出典:『無量寿経』

 

終活支援サイト「のこす記憶.com」では、無料オンライン・エンディングノートをご利用いただけます。故人をオンラインで偲ぶことができ、友人知人の方がオンラインお参りをしてくださった時には、月替わりの法語が表示されます。

 

オンラインエンディングノートのご登録はこちら

 

のこす記憶ドットコム事務局