老後の暮らしとペット ~ペットと一緒にお墓に入るということ~

世帯、家族の形が様々変わる中で、人生の終盤を誰と過ごすのか、ということもまた当然変わってきました。子供がいて、一緒に暮らしていて、お墓に入っても家の墓として家族が墓守をしてくれる、という形は、家庭毎様々な事情からではあっても、年々その形を維持できなくなってしまうケースが増加傾向にあるという事実認識は、間違ったものではないでしょう。
 
高齢者の一人暮らし世帯も増え、そこに地域のつながりというものもあるわけではなく、いままでいろいろあった『つながり』を失くしてしまうことは、やがて活力を失っていくことにつながってしまいがちです。支え、支えられることで人として在ることができる-それは老若男女を問わず等しく言えることではないでしょうか。
 
つながりと言えば人と人とのつながりはもちろんですが、ペットとの触れ合いが認知症の予防につながるということも介護業界を中心に言われています。これは、ペットとの触れ合い、特に飼育とするという責任を伴う行動が、認知症予防において大切だと考えられている「記憶」「運動」そして「会話」を伴うからだそうです。飼い主として面倒をみる以上、食事や予防接種などなどきちんと把握、記憶しておかなければならないことはありまあすし、犬などであれば散歩が運動につながります。また、例え言葉でのコミュニケーションができないとしても、愛情をもって話しかける行為は、独りきりで言葉すら発しない日常と比べてどれほどよいことでしょうか。ペットは家族同様と思ったり、あるいはそれ以上の絆で結ばれたりする人もめずらしくはありません。それは、そこにしっかりとした『つながり』があるからではないでしょうか。
 
ただ、ペットを飼うということはもちろん責任を伴いますし、長年ペットを飼ってきた方であればあるほど、その責任感から、高齢となって、もし自分が先立ってしまったら、という不安からペットを飼うことをやめてしまう方も多くいらっしゃいます。確かにしっかりと考えておかなければならないことですが、予め里親を探しておくなどできることもまたあり、ペットを通じて新しく広がる人とのつながりもあるかもしれません。また逆にペットが先に亡くなってしまう悲しみ(ペットロス)も訪れ得ることではあります。
 
そしてそこまでのつながりで結ばれたペットとは、同じお墓に入りたい、という願いを持っていらっしゃる方も少なからずと思います。
のこす記憶.com パートナー寺院である善福寺(浄土真宗/神奈川県 小田原地域)には、全国でもめずらしい、ペットと一緒に入ることのできる墓地が境内の一角にございます。ペットと共に永眠できるところを、という方にはこちらで詳細をご案内いたしております。

 
終活支援サイト『のこす記憶.com』がお届けする『のこす記憶.comコラム』では、日常生活の何気ない一コマから、のこし伝えていきたい記憶を不定期更新で綴ってまいります。

『お迎えご供養』のご紹介

のこす記憶ドットコム事務局では、寺院僧侶がご訪問、読経の上、ご遺骨を引き取り寺院境内での散骨を承る『お迎えご供養』をご紹介しております。

 

終活をきちんと終わらせてある、という方は実際まだまだ少数派の様です。亡くなった方を送る側、残された側にとして、様々なご事情や思いが錯綜する中、ただ何か然るべき弔いをしたいと心に留めつつも、ご遺骨をどのようにしたらよいか決め兼ねたままで月日が流れてしまった、というお声も寄せられます。『お迎えご供養』とは、そのような諸々のご事情からご自宅に置かれたままとなっているご遺骨に対し、寺院僧侶がご訪問、読経の上、ご遺骨を引き取り寺院境内での散骨を承るものです。

 

詳しくはこちらをご参照ください。

 

お問い合わせ、お申し込みはお問い合わせフォームにて承っております。
 
のこす記憶ドットコム 事務局

平成から令和へ 新しい時代に向けての挨拶

平成から令和へ、元号が変わり新しい時代を迎えます。明治以降、一世一元の制が定められ天皇一代につき一元号と定められていますが、それまでは吉事を理由とする祥瑞改元や大飢饉など凶事に際しその悪しき影響を断ち切るために行われた災異改元など、新たな天皇の即位が必ずしも改元の条件とはされず、極めて短期間で改元が行われたこともしばしばでした。
 
歴史を紐解き始めれば、この元号、改元に関する事柄だけで、そこに映し出される実に様々な時代背景を垣間見、それに連なる膨大な歴史の頁を開くことになりますが、この長い歴史の中にあっても、平成から令和への時のように、これだけ多くの国民が予め元号が新しくなることを知り、気持ちの上でも予定されている変化として捉えるということは、おそらくなかったことなのではないでしょうか。
 
しかも改元の時期は、今年は10連休10連休と言われてきたゴールデンウィークを挟んでのタイミング。もちろん様々なお勤めの事情などによりお休みではない方も多くいらっしゃいますが、カレンダー通りお休みの方にとっては、連休明けは新しい元号で、という、何か新しい時代の到来を感じさせるようなスケジュール感にもなっている様です。連休前の最終出勤日に、何かしら滅多にこない大型年末年始休の様に感じられた方も少なくないのではないでしょうか。
 
仕事納めに恒例の『よいお年を』の挨拶の変わりに『よい時代を』なんて声をかけあって連休入りされた方、令和の仕事始めはどのような挨拶から始まるのでしょうね。
 
ひとりひとり全ての人が、安心して過ごして行ける『令和』となり、その中で紡いでいかれる想いをのこしつたえていける時代となることを願います。

 
終活支援サイト『のこす記憶.com』がお届けする『のこす記憶.comコラム』では、日常生活の何気ない一コマから、のこし伝えていきたい記憶を不定期更新で綴ってまいります。

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済、つまり現金以外で支払決済を行う機会がどんどん増えています。一言にキャッシュレス決済といっても様々、クレジットカード決済、電子マネー、スマホ決済などなど、もうお財布を忘れてしまっても大丈夫、そもそもお財布がなくても大丈夫なんて方もいらっしゃるかもしれません。
 

世界のキャッシュレス決済先進国も普及の理由や事情は様々です。個人消費拡大と小売業者の脱税防止施を目的とした国の経済政策の一環としてクレジットカード普及率の高い韓国、金融危機が引き金となり政府主導でキャッシュレス化を進めたスウェーデン、偽札対策のため屋台でさえもキャッシュレス決済が当たり前となってきた中国、行政サービスのオンライン化推進で、言わば国そのものが電子政府とさえいえるエストニアなど、キャッシュレス先進国では、何か大きな社会全体的な理由で非現金化が加速していった様子が見受けられます。
 

日本でもキャッシュレス社会はどんどん身近なものになってきました。スーパーやコンビニなど日常的な場でのキャッシュレス決済もごく普通のものとなってきた時代、子供にお買い物ごっこで金銭感覚を身に着けさせようとおもちゃのお金でやり取りをするのも、もしかすると実際のお買い物と違うね、となってしまうかもしれません。世代によってはやがて現金は最初からあまり馴染みの無いものになってくるのでしょうし、それに慣れさせなければ、と思うよりも早く、新しい世代は最初からただ単純にそれを理解していくのでしょう。けれども、まだ数の概念もあまり育っていない時期、小銭を一緒に数えたり、お買い物ごっこでおもちゃのお金を数えたりしながら手で覚えていく金銭感覚、数字を数字としてだけではなく、何かそれ以上のものとして覚え伝えていけるものなのではないかな、と、キャッシュレス決済が進みつつある今だからこそ余計に感じられてしまいました。
 

L1027268-1_500px
 
 
終活支援サイト『のこす記憶.com』がお届けする『のこす記憶.comコラム』では、日常生活の何気ない一コマから、のこし伝えていきたい記憶を不定期更新で綴ってまいります。

『散骨のお申し込み』 散骨の地 ご紹介 ~再び大地に還る~

のこす記憶ドットコム事務局では、様々なご事情によりご納骨ができない方などに『散骨のお申し込み』を受け付けております。

 

亡くなられた方のご遺骨-ご葬儀の後にはお墓へ、との思いとはうらはらに、様々なご事情から思う様なご供養ができない、亡くなられた方のお墓を用意することができなかった、あるいは故人のたっての希望もあり敢えてお墓を用意はしなかった、などのことから、ご遺骨をご自宅に安置されたままの方もいらっしゃるかと思います。

 

人は亡くなってから、再び大地に還ると昔から言われます。のこす記憶.comでは、そのようなご遺骨が大地に再び還ることができる様、散骨のお申し込みを承っております。

 

詳しくはこちらをご参照ください。
『散骨の地』の様子など、こちらから写真でご覧いただけます。

 

詳しくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
 
のこす記憶ドットコム 事務局

平成最後 終活と年賀状じまい

平成最後の年となることをひとつの区切りとして、長年続けてきたあちらこちらとの年賀状の遣り取りを整理し、ごく親しい方との間だけに限る『年賀状じまい』を進めるシニアの方が増えているそうです。たしかにお付き合いもだんだんなくなってきたり、年に一度の音沙汰のつもりが実は手紙も書けないほどの体調であることがわかったり、あるいは亡くなられていることを知るきっかけとなってしまったりと、近況を知らせ合う楽しみとは違った知らせになってしまうことも増えてくることもあるのかもしれません。
 

歴史的に見ると、いわゆる一年の始めに書簡の遣り取りをする様な風習は平安貴族たちの間ではじまり、やがて武家の間にもひろまっていったものの様ですが、今日でいうところの年賀状は、明治時代にはいり、前島密の建議により創設されるに至った郵便制度の登場から始まったものとなります。1871年1月24日に「書状ヲ出ス人ノ心得」及び「郵便賃銭切手高並代銭表」、「郵便規則表」等の、郵便に関する一連の太政官布告が公布、4月20日、東京 – 京都 – 大阪間に現行の制度の礎となる郵便制度が確立され、東京・京都・大阪に最初の郵便役所が創設されました。
 

庶民に郵便の便利さが伝わっていく過程で、新年の挨拶を直接は会えない人にも手紙という形で行える年賀状文化もまた広まり、その後、第二次世界大戦中に空白期はあったものの、明治、大正、昭和を通して、いわば日本の新年の風物詩として定着してきたものです。平成の半ば、平成15年には44億5千万枚もの発行数となった年賀状ですが、すでに次々に押し寄せてきていたデジタルコミュニケーションの波もあり、発行枚数はここをピークに減少していってしまいます。
 

近年、人と人とのコミュニケーションツールも劇的に変わってきていますが、それは、人と人とのお付き合いが変わってきたことによるものなのか、それともコミュニケーションツールが変わってしまったことによりお付き合いが変わってきたのか、そのどちらでもあり、またどちらでもない両方の側面を持ったものだと思います。ただ、手紙であれ、メールであれ、SNSであれ、また直接会うことであれ、これまでもこれからも、人と人が何らかのコミュニケーションツールでつながっていくこと自体には変わりがないのだろうと思います。終活において用意する『終活ノート(エンディングノート)』では、万一の時には連絡をしてほしい人をきちんとリスト化することができるものがほとんどです。ただ、実際それで全てだろうか、となるとリストを作ったご本人ですらはて?と思ってしまうこともあるのではないでしょうか。
 
残された人は、きっといろいろなものから、亡くなったことを知らせてほしい人を探るのではないかと思いますが、毎年年賀状の遣り取りをしていた人、というのもまたひとつの大切な基準になるように思えてなりません。先々変わってくることのあるものでしょうが、『年賀状じまい』をお考えの方も、もう少し先延ばしにしてみてはいかがでしょうか。
 
 
Heisei_500px
 
 
終活支援サイト『のこす記憶.com』がお届けする『のこす記憶.comコラム』では、日常生活の何気ない一コマから、のこし伝えていきたい記憶を不定期更新で綴ってまいります。

写真とは

写真とは、というと特に深く疑問に思うことなく、あぁ写真ね、と共通のものを思い浮かべると思いますが、では英語のphotograph(フォトグラフ)が知られるようになってから作られた訳語なのかというとそういったものでは無い様です。あらためて『写真』という文字を見てみると、真を写す、と読むことができるかと思います。写真という言葉自体は、いわゆるカメラが登場するよりはるか昔、中国の明代の書物にも記述があるそうですが、後に日本にも西洋からphotography(フォトグラフィ/写真術、写真撮影)が伝わり、様々な訳語が考えられる中で、結果的に『写真』に落ち着いたという背景があると言われています。
 
中国で言う写真とは、元々肖像画のことであり、そこには、姿かたちだけではなく、その像主の本質、精神性といったもの、つまり『真』を写し取り表現することが求められていたためだと考えられています。
 
時代は変わりデジタル時代、カメラはもちろん、スマートフォンなど携帯できる各種機器でも簡単に写真を撮ることができるようになりましたし、何かを記録する装置としては手軽この上なく、便利なものだと思います。テクノロジーの発達により比較的簡易にさまざまな表現をすることもできるようになってきていると思います。ですが、何を撮りたいのか、はあくまで人が何を伝えたいか、に基づくものであって、ただその基本にあることを忘れずにありたいものだと思うのです。何を記録するか、それがどんな記憶の一枚になるのか、を決めるのは人であって、テクノロジーはその感性をどのように表現し、何を伝えたいのかを助けてくれるものであるからです。
 
 
終活支援サイト『のこす記憶.com』がお届けする『のこす記憶.comコラム』では、日常生活の何気ない一コマから、のこし伝えていきたい記憶を不定期更新で綴ってまいります。

久闊を叙する(きゅうかつをじょする)

久闊を叙する、筆者の好きな言葉のひとつですが、久闊の『闊』は広い、大きい、という意味や、間が遠い、という意味があります。『久』はひさしい、年月が長いといった意味ですので、『久闊』は間の遠いことがひさしく続いてしまう、つまり久しく連絡を取っていない、無沙汰をしている、といった意味になります。続く『叙する』ですが、『叙』には順序立ててのべる、の意味があり、『叙する』というと、述べたいことを文章で表現するという意として使われます。『久闊を叙する』とは、すなわち無沙汰をわびる、また久しぶりに友情を温めるという意味で使われますが、この言葉の背景を思い浮かべてみると、そこには久しく会えていない友達との連絡にも、手紙を書いておくるという手段が主だった方法であった時代が見えてきます。通信技術の発達により、距離や時間に関係なく、簡単に連絡を取り合うことができるようになりました。久しぶりというわけでもないので、ほんの短い一言であったり、写真や動画で伝えたいことを視覚的にパッと伝えたりと、コミュニケーションのあり方もまたずいぶんと変わってきたかと思います。
 
そんな時代ですから、何と言いますか、『久しぶり感』を感じることがもしかしたら少なくなっているかもしれません。けれども、そんな時代だからこそ、久しぶりに会うことで、自分たちも気がついていない、驚くほどの『久しぶり感』を感じることもまたあるかと思います。
 
人が人を本当に感じられる距離というものは、昔も今も結局変わってはいないのだなぁ、と感じることしばしばです。

 

久闊を叙する_500px
 

終活支援サイト『のこす記憶.com』がお届けする『のこす記憶.comコラム』では、日常生活の何気ない一コマから、のこし伝えていきたい記憶を不定期更新で綴ってまいります。

会社

会社ってそもそも何だろう、という疑問を持ったことはないでしょうか。投資をする人、経営をする人、勤める人、立場によって捉え方は全く違うかと思います。大多数の目から見る会社というと、平たく言ってしまえばいわゆるお勤め先、仕事をしにいってお給料をもらうところ、といったところでしょうか。

 
英語のCompany、元をたどるとラテン語でcom=接頭辞で『共に』を意味する『cum』、pan=パン、広義の食事、そしてy=接尾辞として集団や集合体を表す時に使われるもの、と分解でき、共にパンを分け合う人の集まり、と解釈されると言われています。集まって一緒に食事をしたり、共同で何かを成し遂げたりする人々の集まりというのがそもそものところの様ですが、漢字で書く会社、こちらは分解すると、『会』は『會』の略体であり、蓋のある鍋を表したもので、いろいろなものを集めて煮炊きする様子を表現したものとされ、『社』は起源につき諸説あるものの、古代中国において土地の神、またそれをまつる場所や集団を表すものと言われています。要するに人の集まりを表す文字を重ねて使い『會社』、『会社』とした和製漢語であるそうですが、人ひとりでは成しえないことでも、複数の人が集まることで成し遂げられる、その様なことを成し遂げる集まりをつくって事を成す、という考えが包含された言葉だと改めて感じることができるかと思います。
 
定義される会社は様々ですが、その大多数は、いわゆるビジネスで収益をあげる会社に分類されるでしょう。企業が、会社が存続していくためには成長を続けなければなりませんし、その過程で事業を再編したり、効率化を考えなければならなかったりすることは当然発生します。そしてその中で人件費をカットして、という経営判断が必要に迫られてなされる場合もまた多くあるかと思います。しかしながら、その行為で当面帳尻があった数字は、実際のところ『当面』帳尻があっているだけで、しかも将来的に活用することができたであろう貴重なリソースを失ってしまっている場合もまた多く見受けられるかと思います。もちろんケースバイケース、それぞれ異なる事情で、いずれのケースにおいても簡単に言えるものではありません。けれども、共にパンを分け合う仲間として集まった人々、集まることで何かを成し遂げようと共に動いてきた仲間、それが会社だとするならば、『人』が主体で企業活動というものをしている限り、そういった『人と人とのつながり』がもたらす力というものが、時に単純な足し算では計りえないものになってきたことが少なからずあったな、ということにも気を留めてみると、何か違ったものが見えてくることがあるかもしれません。
 
背中を預けられる環境がなければ、やがて組織として走り続けることもまた難しくなってきてしまうのではないかな、と感じることしばしばです。

 
 
会社

 

終活支援サイト『のこす記憶.com』がお届けする『のこす記憶.comコラム』では、日常生活の何気ない一コマから、のこし伝えていきたい記憶を不定期更新で綴ってまいります。

写真がつたえる記憶

いくつかの調査によれば、スマートフォンに保存している写真の枚数は男女、年齢で差があるものの、平均では1,000~1,300枚以上にものぼるそうで、カメラのデジタル化、そして携帯電話に最初はプラスアルファの機能的についていたデジタルカメラ機能がどんどん高性能化し、カメラを日常的に持ち歩く、持ち歩けるようになったことで飛躍的に写真を撮る機会が増えていきました。さて撮るものはというと、友達や恋人、家族など人物メインのものが一番多く、次いで自然風景、それから料理と続く様ですが、撮ってシェアして、というもはや一連の流れともなっている行動が反映しているところもあるでしょうか。

 

記録装置でもあるカメラ、撮られた写真の多くは、人や景色、料理といった被写体がそのまま丸々構図の中に入っていて、何の写真であるのかが撮った本人以外の人、その場に居合わせていなかった人たちにもよく分かるものが多いかと思います。ただ、デジタル化で折角たくさんの写真を撮れるようになったのですから、記憶装置としてもカメラをもっともっと使ってみては、と思うのです。何気なく撮影した一枚、たまたまある瞬間の自分の視線の先にあったものをとらえた写真など、本人やその場に居合わせた人以外には、一体何の写真であるのか、もしかすると見当もつかないようなものもあるかもしれません。ですが、その一枚から甦ってくる、あぁ、そういえばこんな話をしたよな、あんな顔をしていたっけ、といった記憶にはじまり、味や喧噪、その場の音楽であったり、あるいは肌で感じた空気や風の心地など、そこには写っていなくても、そこに凝縮された記憶がたくさんの一枚、きっと誰しもスマートフォンの中に眠っているのではないでしょうか。

 

 

デジタル時代にたくさんの写真を撮ることができるようになり、ところが写真を撮ったはいいけれどなかなか整理が進まないという方が増えてきています。A.I.などのテクノロジーを使っての整理技術も実装レベルに達してきていますが、それでも記憶の一枚は機械判断もなかなか難しいのは変わりません。日々の忙しさに追われる中ででも、むしろそれだからこそ、少しゆっくり腰かけて、写真を眺めてみてください。自分だけの、記憶の一枚がきっと見つかるのではないでしょうか。

 

IMG_2650-1_500px

 

終活支援サイト『のこす記憶.com』がお届けする『のこす記憶.comコラム』では、日常生活の何気ない一コマから、のこし伝えていきたい記憶を不定期更新で綴ってまいります。