無料オンラインエンディングノートについて

オンライン エンディングノート誰でも簡単、今すぐ始められる無料終活サービス

無料

お寺で安心終活始めませんか?

終活・エンディングの迎え方とは?

誰にでも必ず死を迎える時がきます

あたりまえのことですが、誰にでも必ず死を迎える時がきます。高齢化が進み、平均寿命も伸びてきているこの時代、改めて人生の終末期をどのように生きるかということとともに、どのように最期を迎えるか、ということにもまた思いを巡らせる方も少なくないのではないでしょうか。核家族化か進む中、後継者がおらず自分の葬儀手配が実際に心配であるとか、自分の葬儀手配を生前に自分で済ませて、子供にできるだけ手間をかけさせたくない、といった様な心配、思いをかかえておられる方も決して少なくない昨今、それに対して備えたいという思いが、終活というひとつの言葉に凝縮されて響きます。

自身のため、家族や周りの人のため、エンディングノートの準備を始めてみて下さい

一方で、自分がどのように生きたかをきちんと伝えたい、まだ見ぬ子孫にも語り継いでほしい思いがある、長年の間に疎遠になってしまった友人や親類とも、何かのかたちで共に歩んだ人生の1ページ1ページを共有しておきたい、など自分史を残したいという思いもまた多くあるものでしょう。
万一のときがいつ訪れるかなど正直差し迫った問題ではない、と思われる方も多いかもしれません。ただいつか備えなければ、という思いだけは持っているという方は、エンディングノートという形で少しずつ考えをまとめるところから始められています。
実際万一のとき、家族は、自分がどうして欲しかったかということを、果たしてどのくらい分かってくれているでしょうか。家族や周りの人に対して、自分に万一のことが起こったとき希望を伝えられるものを予め用意しておくことは、自身のこうありたいを実現してもらう手助けとなるだけではなく、結果として家族や周りの人を助けることにもつながります。
人生の最後をどのように演出したいか、自分の生きた姿、思いをどのように残し伝えたいか、エンディングノートの準備を始めてみて下さい。

エンディングノートサンプル

ページ上部へ戻る

オンラインエンディングノート無料お申し込み

数字でみる終活事情

終活という言葉が聞かれるようになり、エンディングノートに万一の時に備えて自分の意思、希望といったものを書き留めておくことを考える方も増えてきています。
ライフメディアのリサーチバンクが60歳以上の男女を対象に行った調査によれば、エンディングノートについて知っている人の数も半数近くにのぼり、また、特に自身のお墓や葬儀に関することや、家族への感謝のメッセージを残したいと考えている人が多い様です。
以下は、同調査の結果を質問項目別にグラフ化したものです。

  • 「終活」という言葉を知っていましたか?
  • エンディングノートを知っていますか?
  • エンディングノートを書いていますか?
  • エンディングノートにはどのようなことを書いている・書きたいと思っていますか?
  • なぜエンディングノートを書こうと思ったのですか?
  • どのようにエンディングノートを書いていますか?
  • 法的拘束力のある「遺言書」を用意する予定はありますか?
■Q1.終活(しゅうかつ)とは、「人生の終わりをよりよく締めくくるための準備をし、より良く自分らしく生きていくための活動」のことです。あなたは、「終活」という言葉を知っていましたか?
※単一回答/60歳以上の男女(n=3433人)
■Q2.あなたはエンディングノートを知っていますか?
※単一回答/60歳以上の男女(n=3433人)
■Q3.エンディングノートとは、万が一の時に備えて、家族へのメッセージや終末期医療の方針、葬儀や墓のこと、保険や財産に関する情報などを書き留めておくものです。 ※遺言書のような法的拘束力はありません。
あなたはエンディングノートを書いていますか?
※単一回答/60歳以上の男女(n=3433人)
■Q4.エンディングノートにはどのようなことを書いている・書きたいと思っていますか?
※複数回答/エンディングノートを「すでに書き終えている」「書いている途中である」「書いてみたい」と回答した人(n=1824人)
■Q5.なぜエンディングノートを書こうと思ったのですか?
※複数回答/エンディングノートを「すでに書き終えている」「書いている途中である」「書いてみたい」と回答した人(n=1824人)
■Q6.あなたはどのようにエンディングノートを書いていますか?
※単一回答/エンディングノートを「すでに書き終えている」「書いている途中である」と回答した人(n=152人)
■Q7.あなたは法的拘束力のある「遺言書」を用意する予定はありますか?
※単一回答/60歳以上の男女(n=3433人)

出典:ライフメディア リサーチバンク調べ
(http://research.lifemedia.jp/2012/02/120229_endingnote.html)

ページ上部へ戻る

オンラインエンディングノート無料お申し込み

終活・エンディングストーリー誰にでも必ず死を迎える時がきます

終活においてエンディングノートに万一の時に備えたメッセージを書き留めておく、それによって自分に何かあった時、家族にどうしてほしいかの考えを整理したり意思や希望を具体的に伝えたりする手段となり得ることは分かっていても、実際なかなか大変な作業、ついつい後回しになってしまうこともあるかと思います。
また、伝えておきたいこと、伝えておかなければならないことも人それぞれです。ここではいくつかの想定ケースをご紹介します。
終活とエンディングノートの整理により、実際にどんな問題解決ができるのかを考えるきっかけとしてみてください。

鈴木さんご一家の場合自分たちのお墓や供養をどのような形式にしよう

詳細を開く

中堅電機メーカーに長年つとめ、定年退職後は手先の器用さを活かせればと地元で古いおもちゃや家電修理のボランティア活動をする傍ら、週に一度は趣味の釣りを楽しむ秀夫さん。現役時代はなかなか時間が取れなかった温泉旅行なども、夫婦でたまに出かける楽しみのひとつだ。

しかし、やはりなんと言っても一人娘の恭子さんが孫をつれて帰省してくるのが、このところ一番の楽しみ。
来年は小学校に上がる孫のお祝いを考えたり、今度の休みには一緒に旅行をしたりと、現役時代とは違った忙しさが楽しみとなっている毎日である。

ただ、最近、「お墓の準備はお済みですか?」という霊園の広告を目にしてから気になりだしていることがある。
若いころに郷里を離れた秀夫さん、実家のお墓はあるものの、三男である秀夫さんは諸事情あってそのお墓に入る予定にはなっていない。自分でお墓を、と考えたことは過去にあったが、跡継ぎがいないことがひっかかり、お墓のことは結局そのまま先の課題となってしまっていた。

有難いことに今のところ夫婦そろって特に大きな健康上の不安はないが、かつての同僚などを見ると自分だけ例外というのは無さそうだ、と考えてしまう。

鈴木さんの気になること1.自分たちのお墓や供養をどのような形式にするか?2.葬儀費用は準備してあるが、後々の法事などで嫁いだ娘に負担とならないか?3.葬儀に際して、誰に連絡してほしいかなど自分以外誰も分からないのではないか?4.自分たちのことなど、亡くなってからしばらく経つとやがて忘れ去られてしまうのではないか?

のこす記憶.comでは、こんな風に解決できます

  • のこす記憶.comでは、パートナー寺院の境内墓地、永代供養墓、また提携ご供養サービスによるご遺骨のご供養などもご紹介しております。
    詳しくはパートナー寺院のページ、及び提携ご供養サービスのページをご覧ください。
  • 各種永代供養のご依頼をお勧めします。できるだけご希望にそった形でのご提案ができる様心がけておりますので、お気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。
  • パソコンを使って作成するのこす記憶.comのオンラインエンディングノートでは、亡くなった時に連絡してほしい人の連絡先などを住所録として保存できます。
    情報は、のこす記憶ドットコム事務局が運営委託するセキュリティが完備されたネットワーク内にしっかりとデータ保存されます。
  • エンディングノートサンプル
  • のこす記憶.comのオンラインエンディングノートには、自分史機能もついております。インターネット上に作られたご自分の部屋に、写真と文章とで自分史をのこし、遺族や友人知人に伝えていくことができます。
    実際のお墓参りがなかなかできなくても、インターネットでのお参りや、自分が歩んできた道のりを伝えていくことができます。
  • 自分史サンプル

閉じる

斎藤さんご一家の場合遠いところにお墓があると、お参りや法事が大変

詳細を開く

大手食品メーカーで営業管理職をつとめる敦さん。外資系化粧品メーカーで働く奥さんとは共働きだ。

忙しい毎日、ふたりとも帰りが遅くなることが多いが、予定を合わせて、ふたりでちょっと美味しいものを食べて帰るのが平日の楽しみだ。

子供はまだいないが、そろそろ欲しい考えており、家も昨年少しゆとりのある大きさのものに買い替えたばかり。

今年の正月にいつものように飛行機で実家に帰省した時のこと、3年前に亡くなった伯父の想い出話をするうちに、お墓の話になった。

両親ともに60代後半、ふたりとも大きな病気などもせず、父親が現役引退してからは夫婦でのんびりと暮している。ただ、周りでそういう話題も出る様になったのか、母親も、お墓の準備をしっかりしておきたいと、こちらが思っていたより少々不安げだった。やはり両親ともに生まれ育った場所でお墓に入りたいと考えている様だが、自分はこちらに家も買ったし、将来的に地元に戻ることも考えてはいない。両親がどちらか片方になってしまった時には、新しい家に迎えて一緒に住むことも考えてはいるが、そうなると帰省する家もない状態で、法事の度に帰省というのもなおさら現実的ではないと考えている。

齋藤さんの気になること1.遠いところにお墓があっても、お参りや法事が大変。親戚もそれぞれいろいろな地方に移ってしまい昔のように地元で集まることがなくなったので、法事のために集まることが年々難しくなっている。2.両親のために何かよいお墓があれば勧めたいが、きちんと供養してもらえるか、といったことを気にしている。安心させたいが、お寺にいろいろお願いをするのも勝手がわからず、何かと大変そうである。また法事なども実際自分がいろいろ手配をして、となると正直大変だ。

のこす記憶.comでは、こんな風に解決できます

  • のこす記憶.comでは、オンラインでお墓参りをしていただけるシステムを提供しています。そこでは写真と文章とで故人の自分史を公開することが出来、インターネット上で故人を偲ぶことができます。また、そのページを第三者に公開し、同じようにインターネット上でお参りをしていただくこともできます。
  • 自分史サンプル
  • のこす記憶.comでは、由緒ある日本各地の寺院をパートナー寺院としてご紹介させていただくことが可能です。後々のことが大変であれば、お寺での永代供養をお申し込みいただけます。詳しくはパートナー寺院のページをご覧ください。

閉じる

松本さんの場合自分のお墓を用意しなければならないが、後継者がいない

詳細を開く

都内でひとり暮らしをする松本恵美子さん。独身で、長年病院の受付(医療事務)の仕事をしてきたが定年で引退してからは、いつのまにか病院の待合室が友達との社交場に。年齢相応と医師に言われた足腰の痛みは無理のない通院で普通に暮らせる程度であり、定期的に病院に出かけていくのもいろんな意味での健康維持と思っている。

ここ数年、空いた時間が増えたこともあり、手先を使うことと、趣味の刺繍を通じての交流を広げようと、パソコンも使い始めた。作った刺繍の作品を携帯電話のカメラで撮影して、ブログにアップしたりと、いままで仕事で使っていたパソコンとは違った楽しみ方を発見した思い。

郷里に暮らす妹はふたりとも地元で嫁ぎ、子供も大きくなった今、年に1度の三姉妹だけでの国内旅行が楽しい定例イベントになっている。

この前の姉妹旅行でのこと、妹たちから、そう言えばお姉さんお墓はどうするの?と聞かれてハッとした。妹たちは嫁ぎ先のお墓がそれぞれあるが、自分のことはいままであまりしっかりと考えたことがなかったことに気がついたのだ。両親のお墓は地元のお寺にあるが、妹たちは嫁いでしまったり、自分は距離があったりとの事情から法事もしなくなってしまって久しく、また仮に自分がそこに入るとしても、後継者はいないことになる。若い頃に郷里を後にしてからもう長いので、友達も今住んでいるところに多いし、健康で元気な今、改めて自分の終活というものを考えてみようかと思いはじめている。

松本さんの気になること1.自分のお墓を用意しなければならないが、後継者がいない。2.郷里の親族と、今住んでいるところの友達と、距離のある親しい人たちに、時折は自分を思い出してほしいと思っている。

のこす記憶.comでは、こんな風に解決できます

  • 後継者の心配がいらない永代供養をお勧めします。のこす記憶.comでは、パートナー寺院での永代供養に加えて、提携ご供養サービスによるご遺骨のご供養などもご紹介しております。
    詳しくはパートナー寺院のページ、及び提携ご供養サービスのページをご覧ください。
  • エンディングノートサンプル
  • のこす記憶.comオンラインエンディングノートでは、パソコンを使って自分史を写真と文章で記録、それをインターネットでご遺族の方々やお友達に見てもらうことができます。
  • 自分史サンプル

閉じる

ページ上部へ戻る

オンラインエンディングノート無料お申し込み

終活・エンディングノートを始める徹底解説

終活で整理する主な内容・項目

人生の終盤、自分らしい終わり方を、と考えるのはとても自然なことだと思います。きっかけは最後を迎える時に、家族や周りの人に迷惑をかけたくない、自分で準備をすませておいて、サッと逝きたい、といったようなことかもしれません。

けれど、最期に後悔したくないのは残される方も、先に逝く方もきっと同じでしょう。
あれを聞いておけばよかった、こんなことを伝えておけばよかった、の後回しはもうできないのです。

元気なうちにきちんと準備して、自分らしく終わりを迎えるための終活では、主に次のような事柄を整理していきます。

終活において、抜け漏れなく伝えておくべきこと、伝えておきたいことの整理をするためには、まずエンディングノートを使ってみると良いでしょう。
こんなことも書き残しておかなければ、ということやあれも伝えておきたい、と気付くことが意外と多いかもしれません。

現在、書店店頭でもエンディングノートを多数目にするかと思いますが、大きくわけて以下の様な内容が含まれるものが多くなります。

エンディングノートで整理する代表的な項目

財産管理関連

・財産/保険の一覧
・誰にどうしてほしいかのリクエスト

医療・介護関連

・健康状態/健康保険の一覧
・なってしまった症状別の誰にどうしてほしいのかのリクエスト

葬儀・お墓関連

・葬儀/墓地に関する手配済み状況、若しくは希望内容
・死亡通知を送って欲しい人のリスト

自分史関連

・プロフィール(学歴、職歴、夫婦、家族情報、その他)
・大切な人へのメッセージ(住所録+個別メッセージ)


無料オンラインエンディングノートについて

どれも大切な項目ですが、事情は人それぞれ。ご自身に必要な項目をまとめてみてください。
のこす記憶.comが提供するオンラインエンディングノートでは、葬儀・お墓や供養に関する内容、また自分史の記録編集ができるものとなります。
終活においてご自身で必要だと思われる内容を考え、必要な項目によっては、市販のエンディングノートなどとの併用をなさると良いかと思います。人生の総棚卸しとも言える終活、まとめなければならないものも人それぞれです。ご自身の場合、何が必要かということも含めて、整理を始めてみてください。

終活を始めるきっかけは人それぞれかもしれません。現役引退のタイミングでそろそろ終活でも、と考える人もいれば、同世代の長年のご友人など親しい方の他界で終活を意識し、エンディングノートの記入を始める方、あるいはもっと若い時でも、例えば大病を患ったことを機に自身のエンディングについてまとめておこうと終活を始められる方も少なくないのではないでしょうか。
そして、そのような終活において共通して言えることは、人生の最期をどのように迎えたいか、どんなエンディングのシーン描きたいかといったことに向けて、しっかりと準備をしておきたいという意思や希望だと思います。 そんな終活における考えをまとめ、整理、記録するツールとして活躍するエンディングノートですが、なんといっても長い人生の総棚卸し、その考えを整理するといっても大変な作業です。
葬儀をどうしてほしいかなど、以前自分で書いたエンディングノートを見返す中で、やっぱりこうしてほしい、と気持ちや希望が変わることもあると思います。大事なお墓のことも親類と相談したり、いろいろ調べていく中で考えが変わることがあるかもしれませんし、また葬儀後の法事に関する希望にしても、少し前に書いたものを読み返すうちに考えが変わることもあれば、いろいろ事情が変わって希望する内容を変えなければならない、という場合もあるでしょう。また、亡くなった時に連絡してほしい人の住所録整理では、整理する中で加えたい人が出てきたり、現在の連絡先を調べたりと意外と時間がかかりそうです。

そのように、エンディングノートは一度で作り上げてしまえるものではなく、作りながら書きなおしたり、付け足したりが多く発生するものと言えるでしょう。

インターネット上にエンディングノートを保管するオンラインエンディングノートでは、

(1)書き直したり、変えたいところだけ作り直したりが簡単です。

(2)文章とともに、写真もデータ化して同じところに保存しておくことができます。

(3)万一の際、オンラインエンディングノートに遺した文章、住所録、写真など必要なものをデータで取り出せるので、遺族の方が簡単に必要な手配をすることができます。

タンスに大切にしまっておいたものも、一部がどこかへいってしまったり、古くなって見えづらくなってしまったり、といった心配は残るかもしれません。インターネット上にひとまとめにして大切な情報を保存しておくことで、便利で簡単なエンディングノート活用が可能になります。
終活でまとめなければならない情報は、どうしてもいろいろと多岐にわたります。そんな沢山の情報をインターネット上のオンラインエンディングノートに、パスワードで鍵をかけておくことで、整理された情報を、ひとまとめにして安全に手渡すことができるようになるので、いろいろなものをいくつかの場所にきちんとしまってあるのだが、自分しか分からないので見つけてもらえるだろうか、といった心配がなくなります。

  • エンディングノートサンプル
  • 自分史サンプル

オンラインエンディングノート無料お申し込み

ページ上部へ戻る